公共R不動産のプロジェクトスタディ
公共R不動産のプロジェクトスタディ

【速報】未来のパブリックを示すプロジェクトを発掘・応援する「NEXT PUBLIC AWARD」 結果発表!

日本の公共空間活用における新たな可能性を発見するアワード「NEXT PUBLIC AWARD」の公開プレゼンテーションと最終審査を終えました。グランプリと各部門の優秀賞をお伝えします。

日本の公共空間活用における新たな可能性を発見するアワード「NEXT PUBLIC AWARD」。全国から23プロジェクトの応募があり、厳正なる審査のもと9つのプロジェクトが二次審査に進みました。そして2023年12月11日、二次審査を通過した9つのプロジェクトが一堂に会して、公開プレゼンテーション/最終審査が行われました。

速報として、グランプリと各部門の優秀賞を以下にお伝えします!

グランプリ

NATURE STUDIO(株式会社村上工務店・株式会社ティーハウス建築設計事務所・有限会社リバーワークス)

左から、審査委員長の馬場 正尊(公共R不動産プロデューサー)、村上 豪英さん(株式会社村上工務店)、稲葉 滉星さん(有限会社リバーワークス)


優秀賞

学校・廃校部門:
NATURE STUDIO(株式会社村上工務店・株式会社ティーハウス建築設計事務所・有限会社リバーワークス)

公園・道路部門:
ハダシランド(アウトドアスポーツやまぐち協同組合)

水辺部門:
乙川|ONE RIVER~川とともに暮らすを考える。私とまちのつながりの見つけ方~(ONE RIVER)

文化・スポーツ部門:
牧之原市図書交流館/ミルキーウェイスクエア(一級建築士事務所スターパイロッツ)

役所・庁舎部門:
該当なし

その他部門:
インフラスタンド (KAWAYA-DESIGN + シン設計室)

全プレゼンターと審査員のみなさん

プレゼンターのみなさま、エントリーいただいたみなさま、そして、このアワードを応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

公開プレゼンテーションと最終審査会の詳細は、後日に改めてレポートします。どうぞお楽しみに!

撮影:千葉顕弥


連載

すべての連載へ

公共R不動産の本のご紹介

クリエイティブな公共発注のための『公募要項作成ガイドブック』

公共R不動産のウェブ連載『クリエイティブな公共発注を考えてみた by PPP妄想研究会』から、初のスピンオフ企画として制作された『公募要項作成ガイドブック』。その名の通り、遊休公共施設を活用するために、どんな発注をすればよいのか?公募要項の例文とともに、そのベースとなる考え方と、ポイント解説を盛り込みました。
自治体の皆さんには、このガイドブックを参照しながら公募要項を作成していただければ、日本中のどんなまちの遊休施設でも、おもしろい活用に向けての第一歩が踏み出せるはず!という期待のもと、妄想研究会メンバーもわくわくしながらこのガイドブックを世の中に送り出します。ぜひぜひ、ご活用ください!

もっと詳しく 

すべての本へ