ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

「公共空間 逆プロポ」ができるまで / できてからのイメージ画像

「公共空間 逆プロポ」ができるまで / できてから連載中

一覧へ

柔軟な発想を持つ民間プレイヤーから、自治体に向けて「こんなことしたい」という思いを届ける、逆転の発想のプロポーザル型イベント”公共空間 逆プロポーザル"。このイベントの企画の経緯、そしてイベントで生まれた事業アイデアがどうやって形になっていったのか。逆プロポの裏側をお見せします。

クリエイティブな公共発注について考えてみた by PPP妄想研究会のイメージ画像

クリエイティブな公共発注について考えてみた by PPP妄想研究会連載中

一覧へ

行政経営の効率化を図る公民連携(PPP)。日本ではまだまだ前例が少ない分野でありながら、可能性は無限大。その法制度や仕組みがクリアになれば、もっとクリエイティブな公共発注が可能になるのでは??という問題意識から「PPP妄想研」が発足しました。既存のルールを読み解いた上で、「こんな制度が理想的なんじゃないか」論を妄想していきます。

公共R不動産の頭の中のイメージ画像

公共R不動産の頭の中連載中

一覧へ

公共空間がもっと楽しくオープンに活用されていく面白い仕組みができないものか・・そんな妄想を日々繰り広げている公共R不動産メンバー。そんなことを頭の中にとどめているのはもったいない。ということで、まだ答えはないもやもやとした妄想や問いを発信していきます!

公共R不動産のプロジェクトスタディのイメージ画像

公共R不動産のプロジェクトスタディ連載中

一覧へ

国内外で進んでいる公共空間活用の面白い事例を紹介。選定のポイントは”しくみとデザイン”。補助金に依存していない持続可能なしくみであること、また、これまで公共空間では見過ごされがちであったデザイン性に優れたものであるという点を重視して紹介しています。

ハビタ的 自然化する都市のつくり方のイメージ画像

ハビタ的 自然化する都市のつくり方連載中

一覧へ

“都市の風景”という、究極のパブリックのかたち。近代の人間を中心とした都市開発を脱構築する、新たな都市デザインの原理とは。市民、行政、民間、それぞれの立場からどんなアクションが起こせるのだろうか。ランドスケープ・プランナーの滝澤恭平さんが馬場正尊と一緒に、これからの自然化していく都市に向かう手がかりを探っていきます。

マツダ特派員のロンドン公共事情のイメージ画像

マツダ特派員のロンドン公共事情連載中

一覧へ

現在、ロンドンで子育てしながらベビーカーをものすごい勢いで走らせて町中を闊歩している松田特派員。ロンドンで起こっている公共空間の使い方、ロンドンならではの社会情勢を受けて起こっている変化など、松田特派員の視点でシニカルにお届けします。

新しい図書館をめぐる旅のイメージ画像

新しい図書館をめぐる旅連載中

一覧へ

図書館とは、静かな空間で本を借り、読書をする場所。そんな従来のイメージが変わろうとしています。地域コミュニティの醸成や課題解決の支援、そして社会に新たな価値を提案する新たな公共図書館像。その誕生プロセスや空間づくりの工夫、運営の仕組みとは。全国の新しい図書館を巡る旅の始まりです。

PPP まちづくりかるたのイメージ画像

PPP まちづくりかるた連載中

一覧へ

公共空間の活用や、まちづくりをする中で遭遇する公民連携ならではの出来事を楽しいイラストと標語でお伝えする「PPP(公民連携)まちづくりかるた」。新しい制度によってできる風景や、民間と公共のギャップに驚いた場面など、楽しいシーンの舞台裏にある、リアルな公民連携をお届けします。

馬場正尊のトップ・インタビューのイメージ画像

馬場正尊のトップ・インタビュー連載中

一覧へ

公共R不動産ディレクターの馬場正尊が、全国的にも面白い公共空間活用の取り組みをしている地方自治体のリーダーを取材する特集企画「馬場正尊のトップ・インタビュー」。街を動かすトップが、今、公共空間やまちづくりに対して何を考え、実践しているのか。その頭の中を覗きます。

公共R不動産の本のイメージ画像

公共R不動産の本連載中

一覧へ

公共R不動産、および公共R不動産ディレクターの馬場正尊(株式会社オープン・エー代表取締役)がこれまでに手がけてきた書籍をご紹介します!

PUBLIC ALLIANCE TALKのイメージ画像

PUBLIC ALLIANCE TALK連載中

一覧へ

民間の力で公共空間を楽しく変えよう!そんな意気込みの3人が集まり、新たな企てが始まります。その名も「パブリック・アライアンス」。第一線で活躍する経営者を招き、ビジネスの視点から公的不動産について熱く議論を交わします。

公共空間のトリセツのイメージ画像

公共空間のトリセツ連載中

一覧へ

ひとことで公共空間と言っても、その成り立ちやプロセス、運営体制など舞台裏は様々。そして公共空間を使おうとすると、手続きの複雑さやプロセスの不明瞭さなど様々な壁に直面します。その壁を、一つづつ紐解いていこうと考え、公共R不動産的な“取扱説明書(トリセツ)”をつくってみます!

RePUBLIC CARAVANのイメージ画像

RePUBLIC CARAVAN連載中

一覧へ

「公共空間をオープンに」をテーマに、未利用となった公共空間の情報や、素敵に使いこなしている公共空間の活用事例を日々発信している公共R不動産。「RePUBLIC CARAVAN」は、公共R不動産がまちなかの公共空間を使ってオープンな実験的イベントをやってみようという体当たり企画!