公共R不動産の頭の中
公共R不動産の頭の中

podcast「公共R不動産の頭の中」始まります

公共空間の面白さを様々な切り口から紹介したり、ゆるくお喋りする公共R不動産のpodcast番組「公共R不動産の頭の中」、始まります!

公共空間をゆるく楽しむ音声メディア

公共R不動産では、「公共空間をオープンに。パブリックをアップデートするメディア」を掲げ、公共空間にまつわる世の中の動きをキャッチし、時には少し先の未来を描きながら公共空間にまつわる様々な情報を発信しています。活用事例の紹介、公共空間活用にまつわる法制度や仕組みの変革にまで踏み込んだコラム、自治体や企業トップへのインタビュー、”公共性”そのものを問いかけるコラムなど、軽やかなものから骨太なものまで。専門サイトに寄りすぎず、できるだけ公共空間の面白さや可能性を広く伝えられるようなサイトとして運営を続けています。

ありがたいことにウェブメディアは多くの方に楽しんでいただけていますが、公共空間にまつわるテーマは、仕組みや背景が複雑で、伝えたい事がどうしても増えてしまい、記事の重厚感が出てしまう。そうすると、公共空間の活用にチャレンジしてみたい、関わってみたいと感じるハードルが高くなってしまうのではという懸念がありました。

「もっと軽やかに、公共空間の面白さを届けられないかな・・」

そんな中でアイデアとして浮上したのが音声メディア。
公共R不動産のpodcast、始めてみることにしました。

番組名は「公共R不動産の頭の中」。

アイコンデザインはnottuo.inc。脱力感がたまらんです。

建築・デザイン・不動産・公民連携・ビジネス・まちづくり・都市デザイン・カルチャー・アートなど多様なバックグラウンドを持つメンバーが、それぞれ頭の中で考えていることをシェアするようなイメージです。公共空間にまつわるニュース、事例、コンテンツなど、気になるテーマをピックアップして、時に軽やかに、時にディープに語る番組としてお届けしていきます。

小難しい話よりも、まずは楽しく。
ウェブメディアが「オン」のモードとするなら、podcastは「ややオフ」モード。
ゆるりとしつつも、ちょっとためになるコンテンツにできればと思ってます。

こんなテーマでおしゃべりします(予定)

現在考えているトークテーマの一例はこんなラインナップ。

・公共空間を舞台にしたコンテンツレビュー(映画、本、展示などなど)
・公共R不動産メンバーが行ってよかった公共空間紹介
・最近気になる公共空間関連ニュース
・取材のこぼれ話

しかし、予定は未定。

やりながらチューニングして行きたいなと思っています。
手探りで始めているので、音声のクオリティも徐々に上がっていく予定です(笑)。

こんなコンテンツやってほしい!等のリクエストもSNSなどからお気軽にお寄せください。

週1ペースでゆるりとお届けして参ります。(毎週月曜日配信)

通勤通学などの移動時間、家事の合間などにお楽しみください。
(番組をフォローいただくと更新回が通知で届くようになります!よければこちらも是非)

spotify以外には、

apple podcastamazon music podcastでも聴くことができます。

連載

すべての連載へ

公共R不動産の本のご紹介

クリエイティブな公共発注のための『公募要項作成ガイドブック』

公共R不動産のウェブ連載『クリエイティブな公共発注を考えてみた by PPP妄想研究会』から、初のスピンオフ企画として制作された『公募要項作成ガイドブック』。その名の通り、遊休公共施設を活用するために、どんな発注をすればよいのか?公募要項の例文とともに、そのベースとなる考え方と、ポイント解説を盛り込みました。
自治体の皆さんには、このガイドブックを参照しながら公募要項を作成していただければ、日本中のどんなまちの遊休施設でも、おもしろい活用に向けての第一歩が踏み出せるはず!という期待のもと、妄想研究会メンバーもわくわくしながらこのガイドブックを世の中に送り出します。ぜひぜひ、ご活用ください!

もっと詳しく 

すべての本へ