文化/スポーツの買える・借りられる公共物件

文化/スポーツを検索

 文化/スポーツに関する記事

図書館、美術館、市民会館や体育館など、文化的な建物も活用を求められています。また、地域の歴史を継承するものとして大事にしたい、歴史的建造物も活用できる可能性が秘められています。文化的な施設は設備面など建物としてもポテンシャルも高い公共空間です!

さいたま市の旧大宮図書館でいよいよ公募開始!【スケジュール変更あり】

2020/2/24

前述のサウンディングには12者が応募。市が公募する要件として出していた案に対し以下のような意見が聞かれました。 公募を徹底解説! 上記、サウンディングでの民間事業者の意見を受け、さいたま市内では、本事業の実現に向け現実的...

文化/スポーツ 図書館
菊地マリエ

市民と一緒につくった「瀬戸内市民図書館」
地域をネットワーク化し、情報とサービスが循環するまちへ

2020/1/8

地域コミュニティの醸成や課題解決の支援など、まちづくりのエンジンとして機能する新しい図書館像を探るシリーズ。第二回は、岡山県瀬戸内市邑久町の瀬戸内市民図書館を訪ねました。

文化/スポーツ ライブラリー 市民参加 コミュニティ 図書館
中島彩

図書館は地域の人財データバンク。
町と人に寄り添う「紫波町図書館」の仕組みとは

2019/11/13

地域コミュニティの醸成や課題解決の支援など、まちづくりの基盤となっている図書館。そんな新しい図書館像を探るべく、公共R不動産では全国の先進的な図書館の取り組みやそこで働く人々、その運営の仕組みを取材していきます。第一弾は、岩手県紫波郡の紫波町図書館です。

文化/スポーツ オガール ライブラリー 市民参加 コミュニティ 図書館 公民連携
中島彩

さいたま市 『旧大宮図書館の可能性を探る』イベントレポート

2019/10/18

2019年9月29日、さいたま市大宮区役所の1階、氷川の杜ひろばで「大宮駅東口公共施設再編 パブリックミーティング#05『氷川神社周辺エリアの静かなる魅力と旧大宮図書館の可能性を探る』」が開催されました。

文化/スポーツ 図書館
唐松奈津子

スポーツ・自然派コンテンツにオススメ小ぶりな研修所

2019/3/26

大津市といったら琵琶湖!ですが、今回ご紹介するのはリバーサイド。瀬田川沿いの小高い丘の上の研修施設、2階建て16部屋の客室をもつ約1,300㎡ほどの小ぶりな建物です。 アクセス難を気にしないコンテンツで 市街地からは車で...

文化/スポーツ 宿泊事業
菊地マリエ

本屋でも図書館でもない、新しい公営書店のかたち
八戸ブックセンター

2018/12/5

図書館は行政が運営するもの、書店は民間が営むもの。そんな固定観念を振り払うように、全国でも珍しい「市が営む書店」としてオープンした、八戸ブックセンターを紹介します。

文化/スポーツ 書店 カフェ 図書館
清水襟子

氷見のまちの顔となる新シンボルをつくろう!
旧氷見市民病院跡地

2018/11/27

「ブリのまち」に新シンボルが必要とされた経緯 能登半島の付け根、富山湾に面する美しいまち、氷見市。そろそろシーズン到来の美味しい寒ブリでも有名ですが、この10年の間に都市構造が大きく変化しました。市民病院や市役所の移転、...

文化/スポーツ 文化施設
松田東子

武蔵小杉に残された2900平米をどう使う?
総合自治会館

2018/11/16

総合自治会館跡地 対象となるのは、川崎市総合自治会館が建っている敷地(2909㎡)。敷地には、総合自治会館の建物の他に、広場、駐車場、水路などを含みます。総合自治会館は、1984年築、鉄筋コンクリート造3階建、延床面積1...

文化/スポーツ
松田東子

小田原・豊島邸で活用アイデア募集開始!
豊島邸(一月庵)

2018/10/5

庭園と調和した歴史的建造物 豊島邸は、昭和16年の建築で、書院風と数寄屋風の意匠を組み合わせた特色ある歴史的建造物と、自然豊かな庭園が魅力の物件です。平成27年3月に小田原市へ寄贈されたことから、今後の有効活用に向け、平...

文化/スポーツ 歴史的建造物
梶田裕美子

海軍の町に眠る名家
旧山内家

2016/10/18

住宅街にひっそりと、幕末生まれの古民家が 京都府の日本海に面したの街、舞鶴市にある古民家活用の事業者募集です。 緑あふれる庭と母屋・離れ・土蔵をもつ、かなり立派な古民家「旧山内家」は、なんと幕末から明治初期に建てられたも...

文化/スポーツ 古民家
松田東子

連載

すべての連載へ

公共R不動産の本のご紹介

クリエイティブな公共発注のための『公募要項作成ガイドブック』

公共R不動産のウェブ連載『クリエイティブな公共発注を考えてみた by PPP妄想研究会』から、初のスピンオフ企画として制作された『公募要項作成ガイドブック』。その名の通り、遊休公共施設を活用するために、どんな発注をすればよいのか?公募要項の例文とともに、そのベースとなる考え方と、ポイント解説を盛り込みました。
自治体の皆さんには、このガイドブックを参照しながら公募要項を作成していただければ、日本中のどんなまちの遊休施設でも、おもしろい活用に向けての第一歩が踏み出せるはず!という期待のもと、妄想研究会メンバーもわくわくしながらこのガイドブックを世の中に送り出します。ぜひぜひ、ご活用ください!

もっと詳しく 

すべての本へ