ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

PPP まちづくりかるた
  PPP まちづくりかるた

無駄に広いなこの道路

車優先のまちづくりから、人優先、歩きやすさ重視へのシフトを

無駄に広いなこの道路
(新・公民連携最前線のサイトへジャンプします)

何車線もある車道に対し、狭くて歩きにくい歩道。高度経済成長期ならさておき、成熟期に入った日本の多くの街に、そんなに多くの車道は必要でしょうか。

最近、国土交通省からウォーカブル推進都市の募集があったり、歩行者空間は国の動きとしても注目されていますね。
これまで車道だった空間を歩行者空間化することで、まちの価値が上がっているということが、いろんな街で証明されつつあります。

海外の有名な代表例でいえば、タイムズスクエアの歩行者天国。治安に悩まされていた、ストリートを変えたことによりエリアが劇的に変わった好例です。

公共R不動産と大津市で取り組む、「Otsu Lakeside Renovation Project」では、大津駅から琵琶湖へ続く駅前大通りの魅力を最大限に活用すべくチャレンジしています。

道路利用についてはまだまだ制度や組織の壁がありますが、社会的なムーブメントにもなっています。これから楽しい歩行者空間、ストリートをつくっていきたいですね。

presented by 新・公民連携最前線×公共R不動産

PROFILE

ライター
公共R不動産