ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

プロジェクト
× 福岡県
公共R不動産 ✕ 福岡県
  福岡県街なか公共不動産活用推進プロジェクト

【開催中止】[2/21]公共空間逆プロポーザルin福岡

初の試みとなるエリア限定版の逆プロポーザルを2月21日、福岡で開催することとなりました。開催まであと1ヶ月。現時点で登壇が決定しているプレゼンターの方々をご紹介します。
そして本日よりイベントを観覧できる一般参加の受付を開始します。ご参加お待ちしております!

【開催中止】

2/21(金)に予定しておりました「公共空間逆プロポーザルin福岡」は、福岡市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、感染拡大リスクが高まっていることから、ご参加のみなさまおよび関係者の方々の健康面を考慮し、開催を中止することとなりました。

ご来場予定でしたみなさまにはご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

福岡版!逆プロポ

これまで東京で全国の自治体を対象に開催してきた「公共空間逆プロポーザル」。

「公共空間逆プロポーザル」とは、活用条件決定→公募→事業者の決定という従来の公共空間活用プロセスを逆転し、民間事業者から自治体に向けてプレゼンテーションを行い、そのアイデアで遊休公共不動産を活用してもらいたい自治体は手を挙げるという、公共R不動産が企画運営をしている、遊休公共不動産と民間事業者のマッチングを図るイベントです。

今回は福岡県と一緒に、県内市町村が所有する遊休公共不動産と事業者をマッチングするべく、福岡エリア版の逆プロポーザルを開催することとなりました。

現在、自治体のエントリーを募集しているところですが、着々と遊休公共不動産情報が集まってきています。

▷公共空間逆プロポーザルの様子はこちらから。〈第1回レポート〉〈第2回レポート
▷福岡開催のプレイベントとなった「fukuoka public meeting」の様子もご覧ください。

第一回 公共空間 逆プロポーザルの様子(2018.9)
第2回 公共空間 逆プロポーザルの様子(2019.9)。公共空間の活用について、民間事業者から自治体へプレゼンテーション photo: ©MADOKA AKIYAMA
民間事業者のプレゼンテーションに対し、ぜひうちで!と自治体のプラカードがあがる photo: ©MIKI CHISHAKI

今回も魅力的なプレゼンターの方々がご登壇!

この逆プロポ、なんといってもおもしろいのは、事業者のみなさんのプレゼンテーションです。これまでも、公共空間活用に向けての斬新なプレゼンを目の当たりにしてきましたが、今回も魅力的な方々のご登壇が決まっております。

特に今回は「in 福岡!」ということで、福岡を拠点に活動されている方々にも多くご登壇いただきます。8名プレゼンターの方々をご紹介します。

〈プレゼンター(決定!)〉

・生明弘好 氏(株式会社良品計画執行役員 ソーシャルグッド事業部長兼 スペースグッド担当部長)
・貞末真吾 氏(株式会社ブルースカイ代表取締役 CEO)
・先崎哲進 氏(株式会社テツシンデザイン 代表/株式会社ふくしごと 取締役)
・須賀大介 氏(Smart Design Association 代表取締役/福岡移住計画 主催)
・谷本将太 氏(株式会社九州TSUTAYA 九州事業企画室長)
・橋本華恋 氏(株式会社キャンプ女子 代表)
・松岡まさたか 氏(千年夜市代表)
・松原輝明 氏(株式会社サンワイーテック 新規事業担当)
(五十音順)

どんなプレゼンテーション、ディスカッションになるのか、ご期待ください。

気になる会場は?

そして会場は、三菱地所レジデンスのリノベーション事業、”Reビル”の物件「ザ・パークレックス博多」での開催となります。

公共R不動産の運営母体の、OpenAによりリノベーションされました。日本経済新聞社の旧輪転機室を改修し、地下1階から2階までを一体としたダイナミックな空間にスキップフロアを設けることで新しいワークスタイルを実現する場所となっています。 なかなか立ち入ることの出来ない場所でもありますので、ぜひこちらも魅力の一つとしてご参加を検討ください。

一般参加申込受付開始!

開催まで1ヶ月と迫ってまいりましたが、ここでイベントを観覧できる一般参加の申込を開始します!

自治体の方以外でも、「プレゼンを聞いてみたい」「イベントの雰囲気を知りたい」「公共空間活用になんとなく興味がある」「これから公共空間活用に乗り出してみたい」という企業や個人の方々、どなたでも参加することが可能です。ぜひお気軽に見に来てください!

<イベント開催概要>

タイトル:公共空間逆プロポーザル in 福岡
日程:2020年2月21日(金)13:00〜17:00 
会場:ザ・パークレックス博多
  (福岡市営地下鉄「博多」駅より徒歩5分 〒812-8666 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目16−1)
定員:200名程度(一般参加での募集は100名となっております)

タイムスケジュール(予定):
13:00-13:10 概要説明
13:10-13:30 講演「(仮)日本の公共空間をもっと楽しく!」(公共R不動産ディレクター 馬場正尊)
13:30-16:40 プレゼンテーション&質疑
16:40-17:00 クロージング
17:00 閉会

参加費:無料
主催:福岡県
協力:公共R不動産、福岡R不動産、マツダグミ
※タイムスケジュール・プレゼンターは決定次第更新いたします。

<参加申込受付期間・申込方法>

受付期間:2020年1月21日(火)〜2月14日(金)
参加申込:peatixサイトよりお申し込みください
     https://gyaku-propo-fukuoka.peatix.com

自治体からのエントリーも引き続き受けています

自治体からのエントリーも締め切りを延長して受け付けておりますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

<参加申込受付期間・申込方法>

「エントリーシート」をご記入の上、お問い合わせ先のメールアドレスまでご送付ください。

○エントリー期間
2020年1月8日(水)〜2月14日 (金) (エントリー期間を延長しました)

お問合せ先・提出先:info@realpublicestate.jp 
担当:飯石、菊地  

PROFILE

公共R不動産

全国の魅力的でユニークな公共空間再生の事例や、公共空間を楽しく活用する人々のインタビューなどをお届けします。