ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

PPP まちづくりかるた
  PPP まちづくりかるた

「ふ」増えるアリーナほんとに儲かる?

空前のアリーナブーム到来? 本当にそんなに人が来るの??

増えるアリーナほんとに儲かる?
(新・公民連携最前線のサイトへジャンプします)

アジア初のラグビーワールドカップが盛り上がりを見せ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目前に控える今、スポーツ産業への関心、機運が高まっています。

新国立競技場の当初案が、膨大な整備費がかかるとして撤回されたのは4年前ですが、オリンピックを目前にたくさんのスタジアム・アリーナが建設されています。
物議を醸した、高額な建設費や、オリンピック終了後の用途について、非常に関心が高まっていましたが、蓋をあけてみると、新国立競技場以外にもたくさんの施設が建設されています。

競技場は大きな大きな公共施設。スタジアムやアリーナ単体としてハイスペックな建物ですが、飲食・宿泊、観光などを巻き込んで、周辺地域との関わりを強めた施設にもなり得ます。

海外ではボールパークの概念も強く、スタジアムがパブリックスペースとして利用されている例も少なくありません。日本でも、横浜DeNAベイスターズの本拠地である横浜スタジアムも、地域密着の球場として注目されています。

今後のスタジアム・アリーナのあり方も変わってくるのではないでしょうか。

presented by 新・公民連携最前線×公共R不動産

PROFILE

ライター
公共R不動産

全国の魅力的でユニークな公共空間再生の事例や、公共空間を楽しく活用する人々のインタビューなどをお届けします。