ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

公共R不動産の本
  公共R不動産の本

出版!『RePUBLIC/公共空間のリノベーション』

あなたのまわりの公共空間は楽しいですか? 馬場正尊の新著『RePUBLIC/公共空間のリノベーション』が出版されました。

『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』 馬場正尊+OpenA/著

身近にある公園や水辺、少子化で余った学校、図書館や駅……、こんな公共空間が、もっと楽しく、ハッピーに使えたらいいのに。そう思ったことはありませんか?

この本は、公共空間を変えていくための実践/アイデア/理論をつめこんだもの。東京R不動産のディレクター、馬場正尊の新著です。

R不動産では住居やオフィスを中心に、住み方や働き方の新しい可能性を、物件を通じて探してきました。その思いは、街や公共空間にもつながっています。

例えば、近くの寂しげな公園に小さなカフェができて、子どもを遊ばせながら読書できたら。

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のように、路上映画に地域の人々が集まってみたり。図書館と公園がつながっていて木陰に持っていって本を読めたら。河川敷にランニングステーションがあって、シャワーや着替えができたら。

でも、今の法律下では、なぜかできないのです。
妙な縛りや禁止事項が多い。

私たちをとりまく公共空間。
今まではあまりコミットする方法も機会もなかったので手が出しにくかったのですが、住居や仕事場の次に、もっと心地いい空間に変えていきたい。

今、公共/パブリックという概念が問い直されるときかもしれません。
公共空間は、行政が管理する空間のことではなく、より開かれた使い手のためにある空間のはず。それが混同されているような気がします。本体の意味の「公共/パブリック」とは何なのか、どうあって欲しいか。公共空間を、楽しく使いこなすアイデアを通して考えた本です。

『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
著者:馬場 正尊+ Open A
出版社:学芸出版社
総頁:208頁
判型:四六判 
定価:本体1,800円+税     
ISBN-13: 978-4761513320 

amazonはこちら

書籍の内容はコチラから
学芸出版|RePUBLIC 公共空間のリノベーション

PROFILE

ライター
公共Rコアメンバー