ページを読み込み中 ...

学校 公園/道路 水辺 文化/スポーツ 役所/庁舎 その他

No.1 公共Rプチお役立ち情報

旗アイコンは「公共R」×「自治体・企業」プロジェクト

プロジェクト
× 横浜市
公共R不動産 ✕ 横浜市
プロジェクト

公共R不動産 ×横浜市
ヨコハマ式公共空間の活用促進プロジェクト

2018.07 - 2019.02

公園、道路、港湾地区を含む40箇所の公共空間に対して活用事業者を公募し選定。今後の横浜市での新しい民間連携のモデルとなる事業実現を目指した「都心臨海部の魅力向上につながる横浜市公共空間活用モデル事業」。この制度が出来上がった背景と実際に実現した事例の裏側に迫ります。

プロジェクト概要

山下公園や象の鼻パーク、臨港パークなど、臨海部におしゃれで素敵な公共空間が溢れている神奈川県横浜市。そんな臨海部を自由な発想で使ってもらおう!と、公共空間を活用したい民間事業者向けの公募が2018年1月〜3月にかけて実施されました。公民連携において先駆的な取り組みをしている横浜市ですが、公共性と事業性のバランス、郊外と臨海部のつながり、などなど悩み事はつきません。そんな課題に対してどんな民間提案がなされ、実現されたのでしょうか。 今回公共R不動産では、横浜市がどんな想いでこの事業に乗り出したのか、そしてどんなモデル事業が実施されたのか、”横浜ならでは”の公共空間の取り組みを取材・レポートしてお届けします。

コアメンバー

菊地マリエ
菊地マリエ公共R
飯石 藍
飯石 藍公共R

※ プロジェクト実施当時のメンバーです

時系列でみるプロジェクト

2018.07

プロジェクトSTART

2019.02

プロジェクトの振り返り

市内40箇所の公共空間の活用を一気に進めようというこのプロジェクト。民間事業者からあがってきたアイデアをどうやって形にしていくのか、他部署との連携も含めてプロセスは検討の余地がまだまだありそうですが、まずはこういった複数公共空間の活用募集というプログラムを作った横浜市さんの心意気に拍手。今後こういった形で民間事業者や市民にどんどん門戸が開いていく自治体が増えていくことを期待。

2019.02

プロジェクト終了

Project Partner

横浜市 政策局 共創推進課

公共R不動産と一緒に公共空間を面白くしませんか?

公共R不動産のプロデュース/コンサルティング事業では、建築・不動産・企画・運営の実績を活かし、遊休公共空間活用の可能性を探るところから、サウンディング・公募のプランニング、リーシング・運営までのプロセスをワンストップで支援することが可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!

公共R不動産 ✕ 自治体・企業のプロジェクト