プロジェクト
× 群馬県
公共R不動産 ✕ 群馬県
群馬県トライアルサウンディングプロジェクト

[2/24]まちが変わる、新しい「公共空間」の使い方。官民連携まちづくりシンポジウム開催!

今年度、群馬県の官民連携まちづくりチームと一緒に、県内の公共不動産の活用支援を公共R不動産として進めています。その一環で、2月24日(木)に「官民連携まちづくりシンポジウム」を開催することになりました!

シンポジウムは二部構成です。

一部は公共R不動産ディレクター馬場正尊による講演。

二部はトークセッションとして、群馬県内の公共空間を題材に、民間・行政のプレイヤーをお呼びして、会場やオンライン参加者との対話も交えながら 「この公共空間ってもっとこんな使い方ができるよね!」という妄想トークを繰り広げます。

群馬県の公共空間活用やまちづくりに興味のある方、公共空間活用アイデアのヒントが欲しい方、どなたでもお気軽にご参加ください〜!

<プログラム>

第一部:基調講演 「既成概念をぶっ飛ばせ!公民連携の構想力と行動力」 
馬場 正尊(株)オープン・エー代表取締役/東北芸術工科大学教授/公共R不動産ディレクター

「そもそも公共空間って民間が自由に使っていいの?」「民間が公共空間を使うと、まちづくりにどう繋がるの?」そんな疑問に、全国の先進事例を交えながらお答えします。

第二部:トークセッション ~ぐんまの公共空間“妄想”トーク~

●パネラー 
・馬場 正尊 (株)オープン・エー代表取締役/東北芸術工科大学教授/公共R不動産ディレクター 
・林 智浩 氏 (株) エーアンドブイ企画代表取締役・「Hutte Hayashi Café」運営
・早川 純 氏  本庄デパートメント共同代表
・宮下 智 氏  群馬県知事戦略部戦略企画課補佐

●コーディネータ ー
・飯石 藍 公共R不動産コーディネーター/株式会社nest取締役

<開催概要>
日時:令和4年2月24日(木)14時~16時15分
参加費:無料(どなたでもご参加いただけます)
参加形式:WEBオンライン配信(zoomウェビナー)

<申し込み・問い合わせ>
湯けむりフォーラムサイト内応募フォーム または、以下のあて先までメールにてご応募ください。

湯けむりフォーラムサイト
https://yukemuriforum-gunma.jp/program/machi-sympo2022/

メールアドレス:machi-kikaku@pref.gunma.lg.jp
電話番号:027-226-3665

《メールで応募の場合》 参加者氏名、所属、連絡先(電話・メールアドレス)をご記入ください。
※視聴される方のメールアドレスを忘れずにお願いします。

連載

すべての連載へ

公共R不動産の本のご紹介

クリエイティブな公共発注のための『公募要項作成ガイドブック』

公共R不動産のウェブ連載『クリエイティブな公共発注を考えてみた by PPP妄想研究会』から、初のスピンオフ企画として制作された『公募要項作成ガイドブック』。その名の通り、遊休公共施設を活用するために、どんな発注をすればよいのか?公募要項の例文とともに、そのベースとなる考え方と、ポイント解説を盛り込みました。
自治体の皆さんには、このガイドブックを参照しながら公募要項を作成していただければ、日本中のどんなまちの遊休施設でも、おもしろい活用に向けての第一歩が踏み出せるはず!という期待のもと、妄想研究会メンバーもわくわくしながらこのガイドブックを世の中に送り出します。ぜひぜひ、ご活用ください!

もっと詳しく 

すべての本へ