借りる・買うまでの流れ

公共R不動産でご紹介する募集中物件の活用までの流れは大きく以下のようになります。
募集については、「入札」による「公募」という形式にて行われるのが一般的ですが、
先着順等の場合もあります。物件ごとに条件等が異なりますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。 書類の準備期間も必要ですので、少しでも興味があれば、まず担当部署への連絡を行うことをおすすめします。

一般的な「公募」による事業者決定の流れ

担当部署に問合せをし、参加申し込みを行ってください。参加申し込みを行わないと入札に参加できませんのでご注意ください。保証金の納付が必要な物件への申し込みの場合は、保証金を納付してください。(保証金納付の要不要は、物件ごとに異なります)。 また、書類提出が必要な場合は、必要書類を入札を実施する行政機関に提出してください。参加資格の要件を満たしているかどうかの書類審査がある場合もあります。
いよいよ入札開始です。事前に申し込みを行った物件に入札しましょう。入札方法には、インターネットを使ったものの他、郵送によるもの、現地で行われるものなどがあります。必ず担当部署に確認してください。
落札できたら、実施行政機関からの指示に従って必要な代金を納付しましょう。また、物件の権利移転の手続きについては、各行政機関の指示に従ってください。
保証金の納付が必要な物件の場合は、落札者以外の申込者へは原則として保証金が全額返還されます。

物件により募集要項や手続きが異なりますので、 担当部署のホームページ等で募集要項を確認し、担当窓口まで連絡をしてください。