詳細情報

  • 活用中
  • <空中の公園>
  • 高速道路

空中に現れる、時間限定の公園

Minhocão

所在地: São Paulo, Brazil
面積: 52500㎡

ブラジル最大の都市、サンパウロ。オリンピックを控えてますます発展が進むこの街に、ユニークな公共空間の使い方をみつけました。

ここは通称Minhocãoとよばれる高速道路。日曜と平日夜〜早朝、約3.5キロにわたって車がおいだされ、歩行者とサイクリストに開放されます。その間は限定的に、街のどまんなかの空中に公園のような空間が現れていました。

拡大する街と、住空間との衝突

もともとこの高速道路は、サンパウロの渋滞緩和のために1969年につくられた場所。ですが写真をご覧のとおり、間近にアパートが建ち並び、高架の近くの住民たちは騒音問題に直面していました。

そこで1976年、行政は日曜・祝日は高速道路を封鎖すると決断。1990年代には、平日の夜〜早朝も車を追い出すことに決めました。高速道路の再生・再活用は、NYのハイライン(2009年公開)が有名ですが、その30年も前に、ブラジルでこんな取り組みが始まっていたのですね。

昼はウォーキングコース、夜はクラブに変身

筆者が訪れたのは日曜昼〜夜の時間帯。思い思いに散歩やジョギングをする人、サイクリングする人が行き交う風景が広がっていました。隣のアパートを見るとリビングでくつろぐ人が見えたり、高架の上とアパートで井戸端会議が行われていたり。不思議な光景!

夜になると高速道路はさらに変身。DJブースが設置されて音楽が鳴り響き、踊る人々であふれて屋外クラブ状態。高架下からはお酒を片手にした若者が、次々と上を目指してのぼってきました。さすが音楽と踊りの情熱の国。たしか騒音対策のために高速道路を封鎖したはず・・・これもサンバの国ならではでしょうか。

時間限定であらわれる公園

このプロジェクトが面白いのは、時間限定で公共空間を生み出しているところ。必ずしも物理的な変化を必要としない、新しい空間のありかたが提案されているように感じます。シロクロはっきりさせるだけでなく、こんなトランジションがあってもいいかもしれませんね。(写真:内田友紀)

夜は屋外クラブのような空間に
自転車も歩行者も動物もいきかう高速道路
夕方、にわかに集まり出す人々
DJブースも登場
続々と高速道路にのぼるひとたち
車が地上を走り、ひとが空中を歩いている