詳細情報

  • 活用中
  • <活用中>
  • 旧・倉庫

ポートランドのエコな赤煉瓦倉庫

ナチュラル・キャピタル・センター

所在地: Portland, U.S.
面積: 約6,500 ㎡(床面積)

ポートランドがポートだった頃

ナチュラル・キャピタル・センター(通称エコトラストビル)は、環境に対する意識の高いポートランド市民のシンボル的な存在。パールディストリクトというお洒落なエリアに建っていますが、ここは「ポート」ランドが、その名の通り港として物流拠点だった頃の赤煉瓦倉庫群。

エコトラストビルは、そのうちのひとつ、築100年以上の倉庫をアメリカの環境NPOエコトラストが買い上げ、再生したものです。環境団体が、森や山でなく、なぜ倉庫を?しかも、工業エリアで?と、一時は物議をかもしたそうですが、結果を見れば誰もが納得。環境配慮の行き届いたモデルビルとして生まれ変わったのでした。

環境配慮はハードだけじゃない

まずテナント構成に意志を感じます。一階にはパタゴニアの店舗と地場産野菜を使ったオーガニックのピザ屋さん。上層階には環境保護のためのコミュニティーバンク、ポートランド市の持続的開発局、そしてエコ・トラストのオフィスと、環境系のテナントがずらり。しかも官・民・営利・非営利のミックスというところもポートランド的。1階の吹き抜け部分ではピザをほうばりながらセクターを超えて活発に意見交換。これぞリアル・ソーシャル・ネットワークがここにあります。

建物も、リノベーションの段階で徹底的にゴミを出さず、使えるものはつかって、98%再利用したとか。また、内装には極力木材を、しかも2/3はFSC認証を取得しているものを使用。屋上にはエコルーフ、駐車場周りにはバイオ・スウェルといって、雨水が敷地内を通過する間に95%は濾過されるシステムを採用。また、一階のピザ釜の熱で建物全体を温めたりと、いちいち「できたらいいな」が、できている。

リノベーションに哲学が加わると、こうなるんですね。

ここまで徹底した環境配慮リノベの実験、誰か、日本でも一緒にやりませんかー!!

エコトラストビル外観
赤煉瓦のアーチがかっこいい吹き抜け部分
徹底的に古材を活用しつつ、キッチュに!