詳細情報

  • 活用中
  • <ブルワリー・ホテル>
  • 旧・小学校

廃校のポートランド的解釈

McMenamins Kennedy School

所在地: Portland, U.S.

最近なにかと話題のポートランド

世界で最もサステナブルな都市ランキングのトップリスト常連で、意識の高い市民が多く、都会的なカルチャーと自然が共存したエコなライフスタイルが注目されています。
そんなポートランダーたちは、やっぱり公共施設も素敵に使いこなしていました。そのひとつが廃校をブルワリー&ホテルとしてコンバージョンしたケネディースクール。
ポートランドで素敵なコンバージョン物件を数多く手がけるマックメナミンズ兄弟の代表作のひとつでもあるこの廃校ホテル。世界最大級の観光サイト・トリップアドバイザーでも、全米のおもしろホテルランキング1位に輝いた実力派です。予約がなかなか採れないほどの人気だとか。

歴史をたぐりポテンシャルを引き出す

もともと設立は1915年、実に今年で築100年を迎える文化財であります。老朽化により、1975年には閉校を迎えましたが、PTAや卒業生の保護運動によって解体の危機を免れ、再生のためのコンペを実施。屋内サッカー場や老人ホームなど複数のプロポーザルから、今日のホテル案が採用されたそうです。

食堂はレストランに。女子ロッカールームは、なんと本格的なブルワリーに!ポートランドはクラフトビアのメッカでもあり、このブルワリーでも様々なタイプのビールが醸造されています。タンクには、小さな女の子のイラストが。ひとつひとつの部屋の記憶を大切にしているマックメナミンズ兄弟のスタンスがにじみ出ています。

その他、講堂はシアターに。ボイラー室は配管丸見えの独特な雰囲気を活かしたパブに。プールもジムも使えます。そして教室が宿泊するお部屋に生まれ変わり、使い込まれた廊下には古い写真や子供達の絵が掲げられ、なんとも楽し懐かしい雰囲気に。

学校って、考えてみれば、子供の頃の楽しい時間がぎっしり詰まった思い出の箱。施設のポテンシャルを引き出すって、こういうことなのかもしれない、と、ポートランダーのセンスに脱帽な学校なのでした。

元学食が今やディナーを楽しむちょっとしたレストランに
ビールタンクの女の子のイラストに、建物の記憶に対する敬意を感じます。
パイプがガチャガチャして、独特の雰囲気の元ボイラー室はバーに変身。