詳細情報

  • 募集中
  • <事業提案募集>
  • 小学校

広島市棚田の中の旧小学校活用

旧小河内小学校

所在地: 広島県広島市安佐北区安佐町大字小河内4734
交通: 広島北I.Cから車で約20分
面積: 敷地面積:13,142㎡、建物面積:校舎1,578.29㎡/体育館659㎡/倉庫①40㎡/倉庫②53㎡
価格: [貸付価格] 提案された価格を基に定める(無償提案も可)
期間: [応募期間] 2018年10月 1日(月)~ 2018年10月19日(金)

広島市中心部から約一時間、風光明媚な農村の小学校

今回ご紹介するのは、広島市北部、山と緑に囲まれた自然豊かな農村、小河内にある小学校。校舎はもちろん、グラウンドから体育館まで一体利用できる民間事業者を募集しています。

1982年築の校舎(鉄筋コンクリート造3階建・新耐震)は閉校から3年、その後も市により維持管理が行われており、状態は良好。体育館も旧耐震ながら耐震診断済みなのは嬉しいポイント。

高台に建つ小学校からは、見渡す限りの棚田。石州瓦で葺かれたオレンジ色の屋根の古民家が立ち並び、のどかな景観を楽しめます。

事業内容から貸付料(無償提案も可)まで、自由に提案してください。

地元住民の熟慮のもとに

少子化や過疎化の影響で、2015年3月末に140年の歴史に幕を下ろした小河内小学校。閉校をマイナスに捉えるのではなく、地域に新たな活力を生み出すような活用が必要という視点に立ち、地域で議論を重ね、自治会連合が行政に提案書を提出。その提案書を基に、今回の公募がなされました。

田舎暮らし体験塾などを運営する「特定非営利活動法人小河内Oプロジェクト」を地元住民が立ち上げたり、空き家バンクが設立されるなど、地元プレイヤーも活発。また、広島市の事業「ひろしま活力農業経営者育成事業」により、数名の若手農家が新規就農している地域でもあります。

地域の活性化を目指しての一体利用

今回の公募の目的の一つは、活用事業による地域の活性化。そのため選定される事業者には、単に経済活動を行うだけでなく、地域への貢献活動が期待されます。ついては、長期的に地域と良好な関係を築いていくための工夫や事業に伴い期待される地域活性化の効果など、地域貢献について提案をお願いします。

また、より一層の活力創生のため、部分貸しではなく物件全体を貸付範囲とし、複数の事業者ではなく、同一の事業者に対する一括貸付となります。市の承認を受けて事業者が第三者に行う転貸、レンタルオフィス等第三者に使用させることが前提の提案、複数事業者のグループとしての応募は可能です。

「源快集楽」小河内の新たな地域拠点に

高齢化率59.3%、人口のピークは明治時代(ピーク時2500人、平成29年4月現在432人)と、明るいニュースばかりではない小河内地区。しかしながら、自らを「源快集楽」と呼び、自治会から市に提案もしてしまう、そんなポジティブなパワーに溢れた小河内に、可能性を感じずにはいられません。現地見学会は9月4日(火)を予定。ビビッときたら、ぜひご応募を!

■詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

広島市ホームページ

小河内小学校跡施設活用事業に係る公募について

広島市企画総務局 地域活性化調整部 地域活性推進課
電話:082-504-2837 / FAX:082-504-2029
メールアドレス:chiikikassei@city.hiroshima.lg.jp

校舎外観
校舎屋上からの眺め。棚田が広がる。
教室
理科室
図工室
図書室
体育館外観
体育館内観
校舎平面図
新規就農者によるビニールハウス。
毎年秋に行われる、広島市指定重要無形文化財の吹囃子。その他地区住民で構成される劇団があったりと、伝統も大事に受け継がれています。
敷地内にある原爆被災者の慰霊碑。毎年慰霊祭が行われます。