詳細情報

  • 活用中
  • <活用中>
  • 小学校

森の中の廃校の求心力

BABAME BASE

所在地: 秋田県南秋田郡五城目町
交通: 八郎潟駅より車で約20分
期間: 定期的に募集

秋田県五城目町
人口約1万人、高齢化率約40%。ご多分に漏れず、過疎化のすすむこの町ですが、なにやらこの町の廃校に起業家達が集まりはじめているそうな。

町の中心部から、車で山に分け入ること約15分。山間の小さな集落にありました、BABAME BASEこと「五城目町地域活性化支援センター」。H25年3月に廃校になった旧馬場目小学校を、コミュニティー再生の核施設と位置づけ、町がシェアオフィスとして起業家へ教室の貸出しを開始。現在、7組のベンチャー企業・団体が入居しています。

賃料は1教室2万円/月。都内のシェアオフィスに毛が生えたような利用料金で、こ〜んな広々した空間が借りられちゃうなんて〜!心が揺れます。


オフィスのうらに人あり、ストーリーあり。
「廃校をシェアオフィスに。」神山町を夢見てか、よく耳にする話です。しかーし!騙されてはなりません!シェアオフィスをつくれば、魔法のように自然と人が集まってくると思ったら大間違い、その裏にはかならず「人」や「出会い」が介在しているもの。

BABAME BASEの場合、東京発の教育ベンチャー・ハバタク㈱が、五城目町の方と出会い、サテライトオフィスとして入居したのがターニングポイントのようです。ハバタクは「シェアビレッジ」や「ドチャベン」等、地域資源×ビジネスをテーマにしたイベントを通じ、人が集まってくる仕掛けを展開しています。


グッドフォロワーたち

そして「なんか面白そうなことが起きている」といち早く察知した会社や、地元出身者たちが「どうせ働くなら実家の近くで。自然の中で」と、続々集まっている模様。そしてその波は県外からの移住者も惹き付け始めています。まあ、なんでこんなところに…とか思っちゃいますが、実際行ってみると、あまりにも自然に、ゆったりと緑に囲まれて仕事している彼らがそこにはいるんですよ。そして、うらやましくなるんです。

地域に溢れる廃校が、ポテンシャルの山に見えてくる…一方で、場をつくりたければ、改修費の工面より、志を共にでき信頼できるパートナー探しに注力すべし。今後も五城目、注目です。

詳しくは以下のお問合せ先にご連絡ください。

五城目町役場 まちづくり課 企業誘致係
TEL 018-852-5361 FAX 018-852-3151
E-mail : yuchi@town.gojome.lg.jp
URL:http://babame.net/

秋田杉を多用したリッチな小学校は、巨大な山小屋のような雰囲気。ほぼ改修なしで使っているみたい。
小麦畑の向こう、森の中に見えるのはドイツのお城!?...ではなく、あきたこまちの中にそびえるBABAME BASE!
ベランダはみーんなつながってます。夏はここで涼みながら一杯。