詳細情報

  • 活用中
  • <公園>
  • 公園

小さな公園革命

Park Caravan

所在地: 横浜市保土ヶ谷区
交通: 保土ヶ谷駅徒歩1分

先週末、保土ヶ谷の一角で、小さく、楽しい革命が起きていました。その名もパークキャラバン。公園でキャンプしちゃおう!という1泊2日のイベントです。

「憩いの場」の代名詞のような「公園」という空間ですが、最近は、ペット禁止、ボール遊び禁止、飲食禁止、砂場にフェンス…と、非常に不自由な空間になっている。そんな公園を、本来のもっと開かれた楽しい空間として奪還しようと試みたのが、この企画。

一言で公園といっても…
国交省の分類によれば、公園って12種類もあるんですって。

例えば横浜市には、いわゆる公園が約2,600個あり、その大半2,400個が、最も小規模な「街区公園」。横浜市では、その街区公園毎に「愛護会」なる地元組織を設け、管理を任せる仕組みなのだけれど、1割程度は愛護会不在なんだそうです。

前代未聞のバーチャル愛護会
今回のイベントを主催したNPOハマのトウダイさんは、この愛護会不在だった保土ヶ谷公園に、新たに愛護会を設立、日頃から清掃活動や商店街とのコラボ企画等を行っています。地元住民ではなく、NPOが主体の愛護会は、もちろん前代未聞。しかし、至極真っ当な、正攻法での公園活用ですよね。地道さに脱帽。

普通の公園が…
人工芝を並べ、その上にsnow peak提供のテント。地元野菜でカレーをつくったり、地元大学生とのコラボで仮設図書館をひらいたり。遊具も設置は許可が大変だけど、仮設ならOKなので、DIYでつくって持ち帰れる遊具づくりワークショップも開催。夜はプロジェクターで映画上映。最低限のものを揃えたら、あとは地元の資源をミックスするスタイル。拡がる可能性に身の毛がよだちました。

日常と非日常の境界
面白いのは、キャンプの横で、いつも新聞読んだりタバコ吸ってるおっちゃんが、フツーにベンチに座ってる風景。日常のまちの中に、キャンプという異分子が混じり込んじゃってるこの感じ。いいな〜。

ひとたびパイオニア事例ができれば、横展開もスムーズ。既に各所から相談もあり、10月にはみなとみらいで次回パークキャラバンを実施予定だとか。公園の再公共空間化革命、始動です!
(写真提供:NPO法人ハマのトウダイ)

デザインのクオリティにはかなり配慮されたそうです
人工芝で子どもも大人も素足に!気持ちいい!
3Dプリンターも導入した遊具造りWS。