このサイトの使い方

はじめにお読みください

「公共R不動産」をご利用いただくにあたって、知っておいていただきたいことです。
・このサイトは、R不動産の目線で魅力的な公共空間を紹介するサイトです。
・このサイトに掲載されている情報はR不動産が独自に調査し記載しているものです。
記載事項が実際の状況と異なる場合などありましたら、このサイトの「問い合わせ」宛にメールご指摘下さい。 ※このサイトは地方公共団体などの著作ではありませんのでご注意ください。連絡や情報は、公共R不動産へ直接お願いいたします。

 


 

サイトの見方について

公共R不動産では、「募集中」「活用中」の2つのカテゴリに分けて物件を紹介しています。 各カテゴリの物件についての詳細は以下をご覧ください。

recruitment
新しい活用に向けた募集をしている物件を掲載しています。実際に借りる、買うことができる物件もこちらに含まれています。また、募集中の物件にはいくつの種類があります。
例えば、以下のような募集が挙げられます。

<アイディア募集について>

今後、用途変更するべきか、貸し付けをするべきか、売却するべきか。皆さんのアイディアを募集しています。あなたの志が、まちを変えるきっかけになるかもしれません。物件の内容を見て、「これを使ってこんなことしてみたい!」というアイディアが浮かんだら応募してみてください。また、地方自治体によっては、民間事業者と対話する機会を設けている場合もあります。そうした機会のご紹介もアイディア募集のページで随時行っていきます。

<公募(売買)について>

「売買」のページには、現在買うことができる物件が掲載されています。掲載物件は、その所有者により、大きく3つに分けられます。

A.地方公共団体などが所有する物件
B.民間人・企業などが所有する物件のうち、公共性が高いと公共R不動産が考えるもの
C.民間人・企業などが所有する物件のうち、税金滞納などの理由で、差し押さえられたもの

このうちAは、一般的な不動産売買と買うまでの手続きが異なります。必ず売主の地方公共団体の担当部署に確認をしてください。

<公募(賃貸)について>

「賃貸」のページには、現在借りることができる物件が掲載されています。掲載物件は、その所有者により、大きく2つに分けられます。

A.地方公共団体などが所有する物件
B.民間人・企業などが所有する物件のうち、公共性が高いと公共R不動産が考えるもの

このうちAは、一般的な不動産賃貸と手続きが異なります。必ず貸主の地方公共団体の担当部署に確認をしてください。

これら募集中の物件を実際に活用するまでの流れはこちらをご参照ください。

btn_flow

use

公共空間の活用事例を紹介しています。「公共空間の活用」なんて言われても、イメージがわかない方も、こちらを見れば、思いもよらなかった利用方法に出会えるかもしれません。 また、魅力的な空間活用の風景と共に、事業スキームなどのソフト面にも着目して紹介しています。

 


 

検索アイコンについて

公共R不動産では、物件をかつて使われていた建物の用途別に6つのアイコンに分けて掲載しています。

icon1 学校:使用停止(廃校)になった小学校・中学校・高校
icon2 公園/道路:いわゆる公園や道路に限らず、緑地や高架下なども
icon3 水辺:川原や海水浴場など
icon4 文化/スポーツ:図書館・体育館・保養所・公民館など
icon5 役所/庁舎:使用停止になった庁舎や、役所の空きスペースなど
icon6 その他:土地・別荘、何が出てくるかはお楽しみ