詳細情報

  • 募集中
  • <活用者募集>
  • 店舗

湊町から始まる。町家で始める。

旧大木道具店

所在地: 福井県坂井市三国町北本町4丁目5-31
交通: えちぜん鉄道三国駅より徒歩約5分
面積: 敷地面積約462㎡、延べ床面積約402㎡
価格: 建物:無償貸与、土地:月額3万円程度(要協議)
期間: 募集終了

北前船で栄えた湊町の町家

かつて日本海側屈指の港町「三国湊」として栄えた福井県坂井市三国町。石畳の細い路地や、「かぐら建て」と呼ばれる伝統的な町家が残る街並みに、今もその歴史を感じとることができます。今回は、その街の中心に建つ「旧大木道具店」の活用者の募集です。

物件は、メイン通りの角地に建っているため目を引くことはもちろん、周辺には明治期の文明開化の遺産でもある旧森田銀行本店(国登録有形文化財)などもあり、風情ある街並みを作っているエリアにあります。

存在感たっぷりの建物

たくさんのガラス窓が特徴的なこの建物は、なんと大正生まれ!和風建築でも中には洋室があったり、モダンな装飾があったりと、近代化してきた当時の雰囲気がよく伝わってきます。

もともと商店だったこともあり、1階はショーウィンドウを構えた店部分と、奥には中庭に面して落ち着いた座敷も。

この建物の顔とも言える、大きな窓のある2階は大広間で、天井も高く、通りに向けて明るく開放的なつくりです。

いろんな空間が広がっていて、使い方の想像もどんどん膨らみます。

 改修費用の補助も。

今回の募集は、個人でも法人でも応募可能なので、やる気とアイデアで誰でも参加できます!

賃料は土地賃借料として月3万円。

建物が古くて大きいので、どうしても耐震改修などの工事がネックになりがちですが(想定4500万円程度)、市からは改修準備資金として200万円と、改修費用(改修費総額の1/2、2000万円限度)の補助もあります。

また奥にはむき出しの構造が美しい蔵もあります。蔵については、活用の対象にはされていませんが、一体利用できると、なお良し。そのアイデアは審査時の加点対象でもあります!

選考における審査項目は、次のとおり。その他詳細は応募要項をご確認ください。
■ 活用事業に対する理解度
■ 持続可能な事業展開
■ 「旧大木道具店」の保存に対する理解度
■ 三国湊賑わい創出への貢献
■ 特別加算(飲食事業の活用提案・主屋及び蔵を含めた敷地全体を活用した提案)

街が内側から変わる時

今回の公募は、三国町の空き家を保存改修再生させるプロジェクトである、三國湊町家PROJECTの一環として行われるもの。このプロジェクトでは既に、蔵を使ったフレンチデリHALF MOON BAY、町家を使った盆栽ショップ・工房のみくに園、薬局をアレックス・カー氏がプロデュースするゲストハウスにした詰所三國など、魅力的な場所が続々と生まれています。

三国町は金沢駅から特急で36分。街の中心で通りの角地のポテンシャルや、魅力ある建物をどう活かしていくか、想像が膨らむばかり。

ふつふつとやる気の湧いてきた皆さん、応募してみてはいかがでしょうか。

■詳しくはこちらのリンクをご覧ください。
「旧大木道具店」改修活用事業者の募集について

坂井市役所総合政策部企画情報課企画振興調整係
〒919-0592
福井県坂井市坂井町下新庄1-1
電話:0776-50-3013(直通)
メール:kikaku@city.fukui-sakai.lg.jp
受付時間:9時00分~17時00分(土日祝日を除く)

 

大通りの角地に立つ、魅力的なこの外観
歴史を感じます。
大道具店だった店内
2階は洋風なつくり。
1階間取り
2階間取り
敷地図。タブの木は景観を守るため伐採不可。
お手洗いの天井も凝っています。
ちょっとしたディテールも美しい