詳細情報

  • 募集中
  • <意見募集>
  • 日本中の水辺

水辺で儲かる?

日本中の水辺

所在地: 日本
期間: 募集終了

国交省が動き出しました!民間企業等が河川敷地を占用する場合の許可期間を、現行の「3年以内」から「10年以内」へと延長することについて、国民の皆様からのご意見を大募集!

3年の壁

民間事業者が水辺を占用する場合、現状では許可期間が3年。素敵な川床やテラスを設置したとしても、3年で撤去しなければならない可能性があるのです。民間企業は設置のために投資がいるわけで、たった3年ではトライするのにかなり勇気がいる・・・この「3年」は水辺活用の大きなネックでした。

占用許可期間を10年に!

その3年を、「10年に延長しようと思うんだけど、みんなどう?」というのが今回の意見募集。
10年あれば投資回収の可能性も、活用の幅も、ぐーんとアップするはず。
全国の皆さんの、水辺活用への熱い思いを国交省へ届けましょう!

ミズベリングジャパンレポート

今、こんな水辺があったらいいな、という妄想が、少しずつ現実になりつつあります。
3月3日渋谷のヒカリエホールで開催されたMIZBERING JAPAN。ミズベリングは「水辺のアクションがもっと増えればみんなのまちはもっと輝くはず」という理念のもと、市民、企業、行政が同じテーブルにつき水辺の未来を描き動きだすプロジェクト。この日はそのミズベリングに関わる40都市以上600人を超える参加者が一同に会し、想像力が掻き立てられる素晴らしいプレゼンテーションとともに、水辺の未来を熱く語りあいました。

今回の意見募集についても、国交省の管理・国土保全局長自ら壇上で紹介。官民関係なく、水辺活用に向けて大きなうねりが生まれていると、強く感じました。

■詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

・河川敷地の民間占用期間の延長に関するパブリックコメントを開始
~規制緩和により水辺のにぎわいづくりを推進~

http://www.mlit.go.jp/report/press/
mizukokudo02_hh
_000008.html

■お問い合わせ先

国土交通省水管理・国土保全局水政課河川利用企画調整官 白石
TEL:03-5253-8111 (内線35212) 直通 03-5253-8440

国土交通省水管理・国土保全局水政課企画係長 澤渡
TEL:03-5253-8111 (内線35224) 直通 03-5253-8440

河川敷地の占用期間が3年から10年に!
パブリックコメント(意見)募集を紹介するトークセッション中のひとコマ。
国交省のスティーブ・ジョブズ!?国土交通省水管理・国土保全局長 金尾健司さん
東京大学公共政策大学院 特任教授の辻田昌弘さんと、弊社馬場も登壇しました。辻田教授の見事な進行はまるでNHKの解説番組を見ているかのよう。
600人を超える人が渋谷ヒカリエホールに集結。関心の高さが伺えます。