詳細情報

パブリック・アライアンス始動!「570兆円の公的不動産で楽しく稼いで社会をかえる」

text = 松田 東子

民間の力で公共空間を楽しく変えよう!そんな意気込みの3人が集まり、新たな企てが始まります。
その名も「パブリック・アライアンス」。公的不動産について、広く、かつ実効性のあるメンバーが集まり、硬直する世の中を変えていきます。毎月、第一線で活躍する経営者を招き、ビジネスの視点から公的不動産について熱く議論を交わします。

 

3人のホストと一緒に
今回集まったのは、経営とまちづくりの視点から鋭く切り込む、木下斉さん(一般社団法人公民連携事業機構)。ウェディング業界から新たなソーシャライジングを仕掛ける野尻佳孝さん(株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ/TRUNK)。そして、公共R不動産ディレクター馬場正尊(株式会社オープンエー/東京R不動産)。まずは、「パブリック・アライアンス・トーク」と題し、1年間ゲストと一緒に「570兆円の公的不動産で楽しく稼いで社会を変える」をテーマに公的不動産の可能性について考えていきます。

民間活用がなぜ進まないのか?制度の問題?海外ではどうなの?など、公共空間活用を阻む壁は数知れず。これまで議論の中にあまり加わることがなかった「ビジネス=きちんと稼ぐ」という視点で、議論してみたい、突破口が欲しいという方、一緒に変えたい空間をお持ちの方、そんな方々に是非ご参加いただきたいイベントです。

 

パブリック・アライアンス・トークとは?
全国には約570兆円(※)の公的不動産があると言われています。
今後の人口縮小社会では、その多くが遊休化する状況が迫っており、この膨大な公的不動産を活用する、新たな仕組みの構築が急務です。
しかし、日本では、公的不動産の活用に関して、都市経営分野に実績のある民間企業の参入がまだまだ進んでいない現状があります。
そこで、日本を代表するビジネスプレーヤーをお招きし、新しい公的不動産のあり方をフラットな立場で語り合う場を創出します。
※国・地方公共団体が所有する固定資産・及び土地の総額(平成24年末時点)

まちを楽しく、かつちゃんと「稼ぐ」
社会的価値と経済的価値の両立はいかにして可能なのか。
毎回、第一線で活躍するゲストと共に、3人のホストが、新しい公的不動産のあり方を、ビジネスの視点で考えます。
様々な分野で活躍する経営者の方々に、民間ノウハウを公的不動産に活用したら?こんな公的不動産あなたならどう使う?実業で培った経験を存分に語っていただきます。

 

第1回は1/30(月) 19:00スタート
ゲストに株式会社カフェ・カンパニー代表取締役の楠本修二郎さんをお招きします。コミュニティの創造をテーマに店舗の企画運営を展開するほか、地域活性化事業、商業施設のプロデュース等を手がける楠本さんは、公的不動産をどう見るのか。ご期待ください!

 

■開催概要
日程:2017年1月30日(月)
時間:18:30開場 19:00-21:00
出演:木下斉氏(一般社団法人公民連携事業機構)、
   野尻佳孝氏(株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ)、
   馬場正尊(公共R不動産)
ゲスト:楠本修二郎氏(株式会社カフェ・カンパニー)
場所:TRUNK(HOTEL)開業準備室(表参道駅徒歩1分)
住所:東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビルB1/B2 MAP
定員:100 名 
参加費:3,000円(税込)
主催:パブリックアライアンス運営事務局
問い合わせ窓口:pa@realpublicestate.jp

お申込方法:以下のページにアクセス、お申し込み・決済をお願いいたします。
→[peatix申込ページ]http://peatix.com/event/223973/view
注意事項:
①本イベントは事前決済制となります。
②キャンセル等による返金は一切不可となりますので予めご了承下さい。
③peatixの画面またはそのプリントアウト画像など、予約完了がわかるものをご用意ください。

 

遊休公共不動産の情報もお待ちしています。
登壇者が参加者とともに、具体の遊休公共不動産について活用アイディアを検討する場も設ける予定です。「この施設の活用アイディアを考えてみたい」というような物件情報がございましたら、ぜひ公共R不動産へご連絡ください。
(mail)  info@realpublicestate.jp
(担当) 松田

 

名だたる経営者のゲストが続々登壇予定
また、今後以下のゲストを予定しております。お楽しみに!

【ゲスト予定】※順不同 敬称略
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長 松浦 勝人
株式会社大林組 代表取締役会長 大林 剛郎
株式会社ゼットン 代表取締役会長 稲本 健一
株式会社 トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞裕
株式会社ユニマットグループ会長 髙橋洋二

 

では、会場でお待ちしております。
奮ってご参加ください。

■1月30日 登壇者プロフィール

pa-peatix_event_mv-spfirst4
カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長 
1964年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートコスモス入社。
93年大前研一事務所入社、平成維新の会事務局長に就任。その後、渋谷・キャッ
トストリートの開発等を経て、2001年カフェ・カンパニーを設立、代表取締役
社長に就任。コミュニティの創造をテーマに店舗の企画運営を展開するほか、
地域活性化事業、商業施設のプロデュース等を手がける。2010年よりクールジャ
パン関連の政府委員を歴任。東日本の食の復興と創造の促進及び日本の食文化の
世界への発信を目的として2011年に発足した(一社)東の食の会の代表理事、2013
年より開催している東京発の収穫祭「東京ハーヴェスト」の実行委員長、より良い
未来を創造するために世界中の叡智を編纂するために2014年に発足した(一財)
Next Wisdom Foundation 代表理事、飲食とエンターテインメントの融合による
新たな事業の創設、発展及び市場の活性化、産業の育成を目的とし、2016年に発足
した (一社)フード&エンターテインメント協会の代表理事を務める。 
著書に『ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点』(日経BP社)がある
kino
一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事
一般社団法人公民連携事業機構理事
1982年東京生まれ。1998年早稲田大学高等学院入学、在学中の2000年に全国商店街
合同出資会社の社長就任。2005年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業の後、一橋
大学大学院商学研究科修士課程へ進学、在学中に経済産業研究所、東京財団などで
地域政策系の調査研究業務に従事。2007年より熊本城東マネジメント株式会社を皮
切りに、全国各地でまち会社へ投資、設立支援を行ってきた。2009年、全国のまち
会社による事業連携・政策立案組織である一般社団法人エリア・イノベーション・
アライアンスを設立、代表理事就任。内閣官房地域活性化伝道師や各種政府委員も
務める。主な著書に『稼ぐまちが地方を変える』(NHK新書)、『まちづくりの経営力
養成講座』(学陽書房)、『まちづくり:デッドライン』(日経BP)がある。毎週火曜
配信のメルマガ『エリア・イノベーション・レビュー』、2003年から続くブログ
『経営からの地域再生・都市再生』もある。
noji

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ代表取締役会長
1972年東京生まれ。1995年明治大学政経学部を卒業後、住友海上火災保険(後の三
井住友海上火災保険)に入社。1998年に独立しテイクアンドギヴ・ニーズを設立。
2001年にナスダック・ジャパン(後のヘラクレス)に上場を果たす(2004年に東証2部
/2006年に東証1部)。2011年に中国・上海市に天愿结婚庆有限公司を設立し、中国
市場への参入。2017年春にTRUNK(HOTEL)の開業を予定する。
主な著書に『史上最短で、東証二部に上場する方法。』(アメーバ・ブックス, 
幻冬舎)などがある。
baba
株式会社オープン・エー代表取締役/東北芸術工科大学教授/建築家
1968年佐賀生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂、 早稲田大学
博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2002年Open A Ltd. を設立。 都市の空地を
発見するサイト「東京R不動産」を運営。東京のイーストサイド、日本橋や神田の
空きビルを時限的にギャラリーにするイベント、CET(Central East Tokyo)のデ
ィレクターなども務め、建築設計を基軸にしながら、メディアや不動産などを横断
しながら活動している。2015年「公共R不動産」を開始。近作に「佐賀市柳町歴史
地区再生プロジェクト」「道頓堀角座」「雨読庵」など。
近著に『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版)
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版)
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(学芸出版)。